1. ホーム > 
  2. お悩みの症状 > 
  3. ひざの症状  > 
  4. スポーツ障害  > 
  5. 足の症状  > 
  6. ランナー膝

ランナー膝

ランナー膝でこんなお悩みはありませんか?

  • 膝の外側が痛い
  • 休むと痛くなくなるが、走ると再び膝が痛くなる
  • 膝の曲げ伸ばしで痛い
  • 膝が痛くて踏ん張れない
  • 階段を降りる時に痛い

目次

アシヤノ鍼灸接骨院のランナー膝の施術とは?

徒手療法・ストレッチ

大腿筋膜張筋など下肢の筋緊張緩和と股関節の可動域を広げ、患部にかかる減らします。

物理療法

早期回復のため、信頼度の高い物理療法機器を取り揃えております。
早期から積極的に行い、腱の修復を促します。

運動療法

運動療法では体幹・臀筋の筋力強化やランニングや歩行の際のフォーム改善を行います。

ご予約はこちら

  • LINE予約はこちら
  • 電話予約はこちら

ランナー膝とは

ランニングによって起こる膝周囲の障害のことで、特に腸脛靭帯炎のことを指します。
腸脛靭帯炎は、太ももの外側を走る腸脛靭帯が膝の曲げ伸ばしによって大腿骨外側上顆と繰り返し擦れることで、炎症が起こり膝の外側に痛みが生じます。
名前の通り、マラソンランナーに多く発症しますが、マラソンのみならずランやジャンプ動作を繰り返すスポーツでも発症します。

 

基本的に運動のしすぎ(over use)や筋の柔軟性が低下することで発症しますが、それ以外にもいくつか原因がありますのでそちらは詳しく後述します。

 

腸脛靭帯炎は症状が治まっても、原因となる動作不良を改善しないと繰り返し発症してしまいます。
当院では、組織修復の治療だけではなく、原因動作の修正や筋力強化を行い再発予防までしっかりと取り組んでいます。

ランナー膝の原因

  • 内反膝(O脚)などの膝のアライメント不良
  • 偏平足などの足部のアライメント不良
  • 不十分なウォーミングアップやクールダウン
  • 身体に合っていない靴での運動
  • 過度な運動(over use)
  • 大腿筋膜張筋の柔軟性低下
  • 体幹や下肢の筋力不足           …など

主な症状

  • 膝外側部の疼痛・腫脹

  • 荷重時痛
  • 膝の曲げ伸ばしでの痛み
  • 運動中や運動後の痛み       …など

テスト法

  • ober’s test(オベールテスト)
  • grasp test(グラスプテスト)

本記事の文責

水原 實

1日300人来院する関西最大級の整骨院で臨床経験を積み、その後、副院長まで務め、整形外科での臨床経験を経て症状への正確な判断力・医療倫理に関する理解力を身につけ、神戸にてさくら整骨鍼灸院を開院。
整骨院経営の傍ら、立命館宇治高校サッカー部、芦屋学園高校のトレーナーや各種セミナー講師経験を持つ。
地域の啓蒙活動やJリーガーをはじめとするモデルやスポーツ選手の施術実績を持ち、2024年に芦屋に2号店を開院。

所有資格

  • 柔道整復師(国家資格)
  • 日本柔整外傷協会認定
  • jcca認定ベーシックインストラクター
  • CKTT認定トレーナー
  • Formthotics Authorized Medical Adviser
  • LINE予約はこちら
  • 電話予約はこちら
時間
9:00~12:00 ×
15:30~20:00 × ×

土曜 8:30~12:00 / 14:00~17:00

休診日:木曜午後・日祝

【住所】〒659-0067
芦屋市茶屋之町11-6ディアマンテ芦屋1F

【アクセス】
阪神芦屋駅から5分
JR芦屋駅から8分