1. ホーム > 
  2. お悩みの症状 > 
  3. 肩の症状  > 
  4. 四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩でこんなお悩みはありませんか?

  • 肩が痛くて夜にうずく
  • 何もしていなくても肩がずっと痛む
  • 痛くて肩が動かせない
  • 痛みはなくなったが、特定の動きが出来ない
  • 高い所の物がとれない
  • ズボンをあげれない

目次

アシヤノ鍼灸接骨院の四十肩・五十肩の施術とは?

徒手療法

肩関節周囲のストレッチや肩甲骨周囲筋・上肢のリラクゼーションを行います。筋肉をほぐすことにより痛みを緩和させたり、可動域の拡大を目指します。

物理療法

早期回復のため、信頼度の高い物理療法機器を取り揃えております。炎症を抑え、組織修復を促します。

運動療法

病期に合わせた可動域訓練と腱板などの肩関節周囲の筋力強化を行います。それにより、肩関節の拘縮を取り除きスムーズな肩関節運動の獲得を目指します。

ご予約はこちら

  • LINE予約はこちら
  • 電話予約はこちら

肩関節周囲炎とは

「四十肩・五十肩」とも呼ばれる、肩関節の構造的な損傷のない軟部組織の退行変性病変です。
その名の通り、好発年齢は50代を中心に40代~70代と幅広く、女性の罹患がやや多いことが特徴です。
主に肩関節に疼痛と可動域制限が生じる疾患で、疼痛が軽減しても拘縮が残存します。そして、拘縮も経過とともに改善していくと言われていますが、最近では自然経過のみでの拘縮改善は十分でなく、病期に合わせた適切な治療が重要であると考えられています。

 

  • ▶痙縮期(炎症期):数日~3週間程度
    炎症性の痛みが主体の時期。
    痛みによる可動域制限が生じ、無理に動かそうとすると悪化します。
    物理療法やリラクゼーションで疼痛のコントロールするとともに、痛みを感じにくい肢位の獲得を目指します。

 

  • ▶拘縮期:数ヵ月~半年
    炎症が治まり、疼痛は軽減するが肩関節の拘縮が進行する時期。
    痛みのない範囲での可動域訓練やストレッチを行います。

 

  • ▶回復期:半年後以降
    拘縮が寛解してくる時期。
    可動域制限が残らないように積極的にリハビリをしていきます。

 

このように病期によってリハビリの内容が変わってくるので、病期の評価が非常に重要になります。病気を見極めることでリハビリを効率的に進めることができ、早期回復が可能になります。

肩関節周囲炎の原因

肩関節周囲炎は加齢による退行性病変であることには間違いありませんが、肩関節を構成する筋、腱、靭帯など器質的原因は多岐にわたります。
しかしながら、肩関節周囲炎を発症しやすいというリスクファクターはいくつか報告されています。

 

  • デスクワーク
  • 姿勢不良
  • 糖尿病、甲状腺疾患などの内分泌系疾患
  • 特にインスリン依存型の糖尿病の発症率が高い。

 

…など

主な症状・所見

肩関節周囲炎の症状は、肩関節の疼痛と可動域制限が主ですが、病期によって症状が異なります。
病期ごとの症状を簡単にまとめましたので確認してみてください。

 

  • ▶痙縮期(炎症期)
    ・炎症性の疼痛が主体
    ・安静時痛・夜間痛
    ・痛みによる可動域制限

 

  • ▶拘縮期
    ・肩関節の拘縮が主体
    ・安静時痛や夜間痛は徐々に軽減する。

 

  • ▶回復期
    ・拘縮による可動域制限が主体
    ・疼痛が軽減し動かせるようになる。
    ・拘縮期に生じた拘縮が残存する。

 

その他に特徴的な所見として

  • 烏口突起の圧痛(肩関節周囲炎の90%)
  • 肩関節外転時に肩甲骨を挙上する代償動作がある
    (肩関節周囲炎の95%)

本記事の文責

水原 實

1日300人来院する関西最大級の整骨院で臨床経験を積み、その後、副院長まで務め、整形外科での臨床経験を経て症状への正確な判断力・医療倫理に関する理解力を身につけ、神戸にてさくら整骨鍼灸院を開院。
整骨院経営の傍ら、立命館宇治高校サッカー部、芦屋学園高校のトレーナーや各種セミナー講師経験を持つ。
地域の啓蒙活動やJリーガーをはじめとするモデルやスポーツ選手の施術実績を持ち、2024年に芦屋に2号店を開院。

所有資格

  • 柔道整復師(国家資格)
  • 日本柔整外傷協会認定
  • jcca認定ベーシックインストラクター
  • CKTT認定トレーナー
  • Formthotics Authorized Medical Adviser
  • LINE予約はこちら
  • 電話予約はこちら
時間
9:00~12:00 ×
15:30~20:00 × ×

土曜 8:30~12:00 / 14:00~17:00

休診日:木曜午後・日祝

【住所】〒659-0067
芦屋市茶屋之町11-6ディアマンテ芦屋1F

【アクセス】
阪神芦屋駅から5分
JR芦屋駅から8分